10年後の自分の体が健康である為に気を付けていること。

健康でいる為に気を付けていることは、まず、食事、運動、睡眠です。食事は、自分に有ったカロリーを越えないようにして、食事を18時までには、夕食を終えるように食べます。

食事内容は、タンパク質中心で、後は、それほど細かく気にせずに何でも食べますが、ジャンクフードを食べてしまったら、数日はジャンクフードは食べないように気を付けています。

飲み物は、たまにはジュース等も飲みますが、基本は、お水か緑茶を飲みます。緑茶は、水だし緑茶を飲んでいます。体脂肪を減らしてくれます。18時以降は、水分だけにします。どうしてもお腹が空くときは、野菜ジュースまたは、鳥のささみかむね肉を少し食べます。仕事の付き合いや接待で、夕食するときは、遅くまで飲んだり食べたりはしますが、次の日は、食事を1200カロリー以内に抑えます。

こう言った事を日々繰り返して、調整をしています。

二つ目は、筋力を付けて、それを維持する事と、自分の適正体重と体脂肪を維持することです。筋肉が増えることによって、血流が良くなり、カロリーの消費効率も良くなり、体重のコントロールも簡単になりますし、肩こり腰痛予防、体力増強、怪我予防、ストレス発散、便秘、若返り、全て改善されました。
それから、有酸素運動を行います。朝起きて、ウォーキングする時間がない場合は、出勤時に1駅分歩くか、帰宅途中に一時間位歩く用にしています。私は、ウォーキングをコツコツと続けて、体脂肪31.7%有ったのを22.6%まで、落とすことが出来ました。ウォーキング以外の筋トレは、ジムに通うのがしんどいですし、長続きしなければ意味がないと思ったので、知り合いのトレーナーさんにお家で続けられるトレーニング方法を教えて頂きそれを続けています。
主にスクワット、腹筋、腕立等々です。地味で地道なトレーニングですが、うっすら腹筋に線が入って来ました。後は、睡眠です。短くてもしっかり寝る。寝れなかったら、こまめに休憩します。

たまに、目の下にクマができることがあります。

疲れからなのか、寝不足からなのかよく分からないのですが、気づいたときにはもうできてしまっているのです。

その時はビタミンが足りていないので、ビタミンKクリームを塗って対処しています。

ビタミンKクリーム

このクリームを塗るとスーッと引いていくのですが、健康等に気を付けているつもりでもまだまだ足りていないんだなと思いますね。

 

Read More

最終的は学生ローンでお金を借りる

【ただでさえお金がない大学生が本当にお金に困るとき。】

一番厄介なのが、手持ちのお金を持っていない時による遊びに行ってしまうことです。わたしは地方銀行の銀行口座しか持っておらず、夜9時以降はお金をおろすことができません。

終電を逃したりするとインターネットカフェに駆け込むこともできませんし、そもそも電車代が足りなくなってしまうこともあります。いままでどうにか乗り越えてきましたが、クレジットカードなど作っておけばよかったと思ったことは何度もあります。

しかし、いまだにカード類はあまり持っていません。カードがあっても駐輪場の機械は100円玉しか入らないであるとか、両替不可能であったりするので不便な所もあると思っています。

ふとした時に電車代、駐輪場代、インターネットカフェ代があれば…!とはよく感じます。これらは基本的に友達にお金を借りて、後日きちんと返却します。

先ほどの例は金額の少ないちょっとしたお金ですが、大きなお金に困ることもあります。たとえば、家賃の支払い、電気代、ガス代が足りない時はひやひやします。電気を止められたことは何度かありますし、家賃を滞納したこともあります。

これらのほとんどは両親を頼ってどうにかしてもらいます。まだまだ自分は社会人になっていない、自立できていないと深く感じさせられます。そんな時に判断を誤って飲み会や後輩との遊びで無駄遣いをしてしまうと非常に後悔します。

そのようなときは、自分が持っているマンガや楽器を売り払ったり、お小遣いサイトで記事を投稿したりして少ないお金を稼ぎます。

本当にどうしようもない時は、学生でも利用可能なカードローンを使うようにしています。

コチラで

カードローン利用は本当に最終的な時なんですが、困った時は助かります。借りすぎには注意しないといけないですけどね。

【お給料日にみんなに払う日を間違っていました。お金の工面がどうにかできました。】

お嫁いり先で、親御さんが大きな会社を営んでいます。娘がその会社で娘が働いているのですが、事務関係、あと採用します為の面接、あと給料計算もします。

こうゆう責任のあるお仕事は初めてなのです。それが理由とはなりませんが、パートさんや、社員さんの給料を払う日を、娘は勘違いしておりまして、皆さんの給料日に払えなく、とても困った様子でした。

ですから娘が自分の家で使うお金で困った訳ではありませんが、娘本人にしましたら、大変な失敗なのです。娘はお金を工面して、会社の働いている皆さんに当然の給料を払わないといけません。

その立替に家の預金、貯金などを調べて見ましたが、百万単位のお金など貧しい娘などにはないのです。社長になど言える訳などなく、それでも考えていたようです。

どうしようもなく、母の私に相談してきました。私も生活はとても苦しいのです。しかし色々かき集めて、娘が必要とします金額は、用意できたのです。

娘にしたら良かったのです。これが他の会社の、消費者金融などから借りて、パートさんなどに払うとなりましたら、又金利の関係もあり、大変になっていました。私が働いています会社で、同じ様な事がありました。

給料計算して、皆に渡さないといけないですのに、計算します事務の人が、日をまちがい、給料日に間にあわなったのです。その時、社長ではなく責任者としての人は、軽く言うのです。「お給料日の、日を間違っていました。私じゃないですけど」となのです。

責任者は、給料が間に合わない事を社員達にひと言、間に合わなかったといったらよかったのです。娘の失敗も、うまくカバーでき、私も少し役にたったのかと思いました。
【急な出費は記憶に残ります】

主婦なので普段の買い物はあまり高価なものがなく、最近では数千円単位でしかお金を持ち歩かなくなっています。
それでもSNSのオフ会や何かでランチに行くことがあると、デザートが食べたくなったり予算オーバーをすることがあるんですよね。

ランチの後のお茶も安いお店ばかりではないので、数時間で5,000円近く使ってしまうこともあります。
こんな日は、帰りに夕飯の買い物をしようと予定していても、財布の中にお金がなくてちょっと焦ります。

普段は銀行のATMにも時間外で利用したことがほとんどないのに、そういう日は仕方なく6時過ぎにお金を下ろしにATMに行かざるをえません。

2,000円台のランチだって別に高いわけではなく、お茶するついでにちょっとケーキを食べたって使いすぎた感じはありませんが、夕食の買い物のことを考えたら10,000円は必要なんですね。

出掛けたついでにちょっと服を買ったりすれば万単位で飛んでいきます。こんなときは夕飯の買い物分まで使ってしまって、何回もお金を下ろすなんてこともありました。

普段は夕食の買い物と、ちょっと休憩するときのコーヒー代で済んでいた生活費が、オフ会があるとその何倍の出費にもなっていて、主婦のランチは生活費の一部だという考えでしたが改めた方が良いかな。

急な出費はいつもとは違うお金の使い方をしたときに感じるのかな。こういうときはお金を使った感覚が残っているので、満足感はあるかもしれません。

Read More